今回は、野良マッチングの同時エントリー問題について書きます。

野良マッチングの同時エントリー問題


図1. 対抗戦の野良マッチング

バトルトリニティ対抗戦では、マッチング方法が二種類あります。一つは練習試合の時と同様に、事前に組んだPTで参加できる「自由に参加する」で、もう一つは事前に組んだPTでは参加できない、ランダムマッチング限定の「ひとりで参加する」です。

「ひとりで参加する」は、「一方的な試合になるから固定PTと戦いたくない」という声に押されてできたものですが、参加のタイミングを合わせることで、好きな人と同じPTで行くことが出来てしまいます。特に人が少ないクラブでやると成功しやすいです。

この方法を用いることで、他のチームはランダムで組まれ、経験の差もバラバラなPTとなるのに対し、自チームは強いメンバーだけで組んでいくことが可能になります。こうなってしまうと、他のチームはなかなか勝てないです。

同時エントリーをする理由ですが、一つは「弱い敵を相手にしたい」ということ、もう一つは「自由マッチングだと人が足りなくてマッチングできない」といったことが考えられます。

この問題については、個々の良心に委ねても解決するものではないと思います。「一度同じPTになった人とは、数分間同じPTとしてマッチングしないようにする」など、システム面で解決するしかないことだと思います。

やっている人を「2ちゃんねる」に晒して抑止力にしようとしている人がいますが、見ていて気持ちが良いものではないですし、冤罪(別に犯罪でも、規約違反でもないですが…)の可能性もあるので、やめた方が良いと思いますよ。

終わりに

今更ですが、同時エントリー問題について書きました。記事の本文だけだと内容が薄くてイマイチなので、皆様のコメントで盛り上げていただけると助かります(笑)。前回のジュエル記事で力を使い過ぎました。。。

次回は何を書こうか悩んでいます。できるだけ面白いネタを拾いたいですね。提案広場でも見ておきましょうかね。



良い記事だと感じたら、クリックよろしくお願いします。