アップデートの影響で以前よりも盗賊を使う人が増えていますね。私も久しぶりに盗賊で数戦行きました。というわけで、今回は盗賊の動画解説を行います。動画解説記事の読み方については、こちらの記事で説明しています。

解説する動画は以下の4つです。

  1. 固定で行った試合
  2. 敵へのジュエル泥棒がうまくいった試合
  3. 終盤に逆転できた試合1
  4. 終盤に逆転できた試合2

1. 固定で行った試合


試合全体の再生【残り試合時間:7:00~0:00】(再生時間:0:40~8:18)

この動画は固定PTを組んでいったときのものです。危なげなく勝てた試合なので、盗賊の見せ場はそんなに多くないですが、余裕がある分、戦闘面のテクニックを見せることができた場面がありました。

解説部分の再生【残り試合時間:6:15~6:05】(再生時間:1:25~1:35)

この場面では、敵の魔法使いのラリホーマを「防魔の法」で防いでいます。魔法使いのラリホーマは比較的発動が遅いため、呪文発動のモーションを見てから「防魔の法」を使うことで、敵の呪文を防ぐことができます。

これを成功させるためのポイントですが、自分から攻撃を仕掛けるのは、控えた方が良いです(動画では仕掛けてしまっていますが…)。というのも、こちらから攻撃を仕掛けると、上手な人は、こちらの攻撃モーション中にラリホーマを使うので、「防魔の法」で防ぐことができずに逃げられてしまうからです。何とかして、敵から攻撃させたいですね。

解説部分の再生【残り試合時間:2:14~2:02】(再生時間:5:26~5:38)

この場面では、隠れている敵の盗賊の場所を暴いています。暴くときのコツですが、隠れている盗賊でも、効果付きのジュエルを取ると吹き出しが出るので、それで大体の位置を把握します。次にそのあたりを探して、ターゲットのカーソルが出たら攻撃することで、敵を暴くことができます。ターゲットのカーソルは、魔法使いを使用している時でも出てくるので、盗賊暴きに利用しましょう。

逆に、盗賊で暴かれないようにするためには、効果ジュエルを取る時は周囲に注意し、敵に近づきすぎないことが大切です。


2. 敵へのジュエル泥棒がうまくいった試合


試合全体の再生【残り試合時間:7:00~0:00】(再生時間:0:39~8:20)

この試合では、敵へのジュエル泥棒が比較的うまくいきました。盗賊は足が速く、隠れることもできるので、敵拠点側のジュエルを奪うことに長けています。敵のジュエルを奪うことで、敵のレベルアップやポイント稼ぎを遅らせましょう。

注意点として、味方のジュエルを奪うのは、なるべく避けた方が良いです。周囲を見渡すことが求められるので、とても難しく、完璧にこなすのは無理です(私も動画の中で何度も味方のジュエルを奪ってます)が、心がけ一つで頻度を減らすことはできると思います。

どうでも良いことですが、「経験値の聖典」でサブキャラのレベルを上げたかったので、使っているキャラがいつもと違います。

解説部分の再生【残り試合時間:5:41~5:31】(再生時間:1:58~2:08)

この場面では、目の前のジュエルをすぐに取らずに、瀕死の敵に拾わせてから、その敵を倒すことでジュエルを奪っています。

これによって、撃破玉と経験値がもらえるので、盗賊をやっている時は積極的に狙っていきたいところです。盗賊は隠れることができるので、成功させやすいと思います。

解説部分の再生【残り試合時間:5:09~4:29】(再生時間:2:30~3:10)

この場面では、敵拠点に近いジュエルを奪うことで、敵が拾うジュエルを減らしています。盗賊は、味方から遠く敵に近いジュエルを拾っていくと、敵の妨害になって良いです。この場面の後でも、積極的に敵ジュエルを狙っています。

解説部分の再生【残り試合時間:2:39~2:12】(再生時間:5:00~5:27)

この場面では、敵がラリホーマを使ってきそうなタイミングに距離を取ることで、呪文を回避しています。これは、「防魔の法」を節約するのに役立ちます(動画では、後で無駄使いしてますが…)。


3. 終盤に逆転できた試合1


試合全体の再生【残り試合時間:7:00~0:00】(再生時間:0:32~8:10)

この試合は、途中まで負けていていたけど、終盤で逆転した時のものです。正直、終盤までは敵にやられっぱなしで、ほとんど見るべきところはありません。

この試合の見どころは終盤で「ばくだん岩」を1位の拠点に設置するところです。「陰形の法」を使える盗賊ならではの活躍の仕方なので、ぜひ見てください。

解説部分の再生【残り試合時間:5:20~4:40】(再生時間:2:13~2:52)

この場面では、残り試合時間5分の時の援軍玉を盗んでいます。援軍玉を盗むときは、「陰形の法」を使うなどして、なるべく敵に見つからないように潜入すると良いです。あと、終盤でないと「ばくだん岩」はあまり活躍しないので、今回は「ゴーレム」を盗むことにしました。

解説部分の再生【残り試合時間:1:00~0:00】(再生時間:6:33~7:35)

この場面では、試合終盤に「ばくだん岩」をうまく決めています。

「ばくだん岩」を設置する時に大切なのは、どこに設置するのかということです。拠点数とポイントから、1位になりそうなチームを予想し、その拠点に置くのが良いです。また、敵が近くにいる拠点だと阻止される可能性が高いので、手薄の拠点を狙いましょう。

今回は紫拠点で、敵のいない奥の拠点を狙いました。敵は中央で激戦を繰り広げているため、「ばくだん岩」が発動するまでこちらに気が付かなかったです。


4. 終盤に逆転できた試合2


試合全体の再生【残り試合時間:7:00~0:00】(再生時間:0:32~8:09)

この動画は、3番目の動画と同じく、終盤に逆転する試合のものです。味方は強いのですが、私がヘマを連発したことで、他チームに1位を取られます。ここから、終盤に何とか汚名返上し、試合に勝利するところが、この動画の見どころです。

序盤では良い動きができましたが、残り試合時間 4:48(再生時間 2:43)あたりで敵に倒されてから、残り時間2:30までの間は、ものすごく味方の足を引っ張ることになります。その結果、途中で他チームに1位を取られます。

解説部分の再生【残り試合時間:6:24~5:37】(再生時間:1:08~1:55)

序盤は敵を倒し、敵側のジュエルも拾いまくるので、とても活躍しています。いつもこのくらいの動きができると良いですね。ただここで目立ちすぎて、敵に目を付けられた可能性はあります。

解説部分の再生【残り試合時間:1:31~0:12】(再生時間:6:00~7:20)

終盤では、盗賊ならではの活躍を連発して、今までの汚名を返上できたと感じています。以下、終盤で行ったことと、その場面へのリンクです。

納品まで無事に行えて、最後に何とか貢献することができました。味方が強かったところも運が良かったです。味方が弱いと、妨害が成功しても勝利できないことがよくあるので。。。


終わりに

今回は盗賊のプレイ動画の解説を行いました。戦士、武闘家についても近いうちにやる予定です。また、他人の動画を使うのも良いかも知れないと考えています(私も全ての職業が得意なわけではないので…)。Youtubeでバトルトリニティの動画をアップロードしている人で、参考になりそうな人を探してみます。Youtube以外だと、今と同じ仕組みを作り直さないといけないので、Youtube限定です(笑)。



良い記事だと感じたら、クリックよろしくお願いします。