本記事では、バトルトリニティにおける盗賊の基本的な立ち回りと、各種テクニックについて紹介します。また、盗賊には、味方の妨害になるために、やってはいけないことがいくつかあります。それらについても、べからず集としてまとめます。

基本的な立ち回り

盗賊の仕事は、その足の速さを生かして、他の味方が取りにくいジュエルや拠点を取ることです。以降、序盤(開始~残り時間6分まで)中盤(残り時間1分30秒まで)終盤(最後の陣取り合戦)での、基本的な立ち回りを紹介します。

序盤の立ち回り(開始~残り時間6分まで)


図1. 序盤に占領すべき拠点

図1に示す通り、序盤は中央拠点か、すぐ近くの左右拠点を占領しに行きます。盗賊は他の職業よりも足が速いので、遠くの拠点をいち早く占領するべきです。自軍本拠点の占領は他の味方に任せましょう。中央拠点に行く場合は、通り道に自軍本拠点があるので、味方による占領が少し早くなり、おすすめです。

序盤の占領の際に意外と重要になるのが、PC(あるいはゲーム機)のスペックと回線速度です。これがイマイチだと出遅れてしまうので注意が必要です。筆者は少し前(トリニティが始まったころ)まで、PCのグラフィックボードが壊れていたので、オンボードでプレイしていました。そのため、中央拠点の奪い合いで勝てず、いつも左右拠点に行っていました。


図2. 序盤の自陣ジュエルは他の味方に譲る

そのほかに重要なこととして、序盤の自拠点付近のジュエルは取らずに他の味方に譲ることが挙げられます。以前の記事で述べたように、序盤はまずLv2になることが最重要です。他の味方がレベルを上げやすいように、序盤の自陣のジュエルは全て譲りましょう。盗賊はジュエル集めの能力に優れているため、自陣のジュエルを拾わなくても何とかなります。

中盤の立ち回り(残り時間1分30秒まで)


図3. ジュエル拾いの際に陣取るべき場所


図4. 自陣側のジュエルを取っても良い場面

終盤になるまでの間は、足の速さを生かして、他の味方が取りにくいジュエルや拠点を取りましょう。ジュエルに関しては、図3のように、敵に近く味方から遠い場所のジュエルを拾うことを心がけると良いです。また、某掲示板などでは、「盗賊は自陣側のジュエルを取るな」とよく言われていますが、取りそうな味方がだれもいないならとって良いと思います。図4のように、ミニマップで味方の位置・向きを見て、大丈夫そうなら拾いましょう

拠点については、誰もいないところを占領して、味方の経験値稼ぎに貢献するのも良いです。ただし、戦ってまで奪うのは時間の無駄なのでやめましょう。盗賊の戦闘能力はあまり高くないです。

終盤の立ち回り(最後の陣取り合戦)


図5. 終盤は手薄な拠点を狙う

終盤は敵拠点で手薄なところを占領すると良いでしょう。経験上、多くの人は守りより攻めることに意識が行っているように思います。敵の本拠点などは手薄になりがちで、狙うのにおすすめの場所です。また、占領する際に、後述する各種テクニックの「援軍玉泥棒」で、敵のばくだん岩を盗んで、敵拠点に置くと、自分のチームへの脅威が薄れ、相手チームの拠点も狙えるので良い手です。

各種テクニックの紹介

本節では、盗賊を使う際に有用なテクニックをいくつか紹介します。

援軍玉泥棒


図6. 援軍玉の出現時間・位置

その名の通り、敵の援軍玉を盗むことです。援軍玉が出現する時間・場所は図6の通りです。援軍玉の種類としては、援軍玉出現時に獲得しているポイント(拠点数は関係ない)が1位のチームの拠点には「ゴーレム」が出現し、2位・3位のチームの拠点には「ばくだん岩」が出現します。これは、特に終盤の陣取り合戦の際に役立つので、覚えておくとよいでしょう。

援軍玉泥棒を成功させるために気を付けるべきことは、援軍玉が出現するまでは、近くの敵にそのことを悟らせないことです。敵に見つからないように「陰形の法」を使ったり、拠点占領で敵を誘い出したりしましょう。

ジュエル強奪


図7. ジュエル強奪

盗賊は、敵を倒した際に敵の持っているジュエルの中で一番ポイントが高いものを一つ奪うことができます。撃破玉と合わせるととてもおいしいです。ジュエルを持っていて、弱っている敵は積極的に狙いましょう。

敵呪文発動時のマホステ使用


図8. 敵呪文発動時に「防魔の法」を使う

盗賊は、一時的にマホステ効果を得るための「防魔の法」というスキルを持っています。このスキルは、効果発動までが早いため、敵の魔法使いが呪文を使いだした際に、実行しても十分に間に合います。マホステは持続時間が短いので、敵が呪文を使いだしてから、利用するようにしましょう。

ラリホーマ誘い

敵の魔法使いの攻撃はマホステで防げますが、スキルは3種類あるものなので、他の2種類のスキルをしのぐためには、できる限り温存しておきたいです。魔法使いのスキルで、マホステを使わずに避けやすい攻撃として、「ラリホーマ」があります。ラリホーマは他の二つと違い、詠唱キャンセルができないので、ラリホーマの範囲外にいる状態で撃たせることで、無駄撃ちさせることができます。ラリホーマの範囲ギリギリの場所で、範囲内にいるように見せかけて無駄撃ちを誘うことは、難しいですが狙う価値はあります。

拠点での時間稼ぎ


図9. 拠点クリスタルを挟んだ位置で時間稼ぎ

盗賊は戦闘能力が低いので、拠点防衛のために戦うことには向いていません。しかし、時間稼ぎはできます。おすすめのやり方としては、図9のように、自キャラと敵キャラの間に常に拠点のクリスタルを挟むように移動することです。ラリホーマなどの範囲攻撃に注意していれば、結構な時間稼ぎになります。これは他の職でもできることですが、足の速い盗賊では特に有効な手段です。

べからず集

最後に盗賊を使う上でやってはいけないことについて記します。

味方のジュエルを奪ってはならない


図10. ジュエルは近くの味方に譲る

全員のレベルが最大値になっていない時は、他の味方が拾おうとしているジュエルは拾わないようにしましょう。レベル上げではジュエル拾い・納品が一番重要です。味方同士でジュエルを奪い合っていては、レベルを上げるのが遅くなってしまいます。特に、盗賊はジュエル取得能力に優れているので、味方とのジュエル争奪戦では圧勝してしまい、他の味方のレベルアップの機会を奪ってしまいます。盗賊は、その能力を生かして、敵とジュエル争奪戦をするように心がけましょう。

終盤前に敵に憎まれてはならない

盗賊は敵に嫌がらせをするのが仕事ですが、前半戦の段階でやり過ぎると、恨まれて終盤にこちらのチームが狙われる可能性があるので注意が必要です。相手も人間なので、こちらが腹の立つことをしたら狙ってきます。恨まれるようなことは終盤にやって、勝ち逃げするのが良いです。

個人的に、終盤より前にしては駄目なことは、以下のことだと思います。ここに書いてあることは、終盤にやるのが良いと思います。

  • 敵の本拠点を何度も占領する
  • 援軍玉を奪う

本拠点を何度も占領するのはかなり恨まれます。もし奪われたチームが勝ち目のない状況になった場合、まず、前半に本拠点を奪ったチームを狙ってきます。また、援軍玉(特にばくだん岩)を奪うのも恨まれやすいです。その割に、前半戦で奪ってもあまり効果的ではない(特に残り時間5分の時に出てくるばくだん岩)ので、あまりおすすめはしません。

終わりに

今回は盗賊の基本的な立ち回り、テクニック、やってはいけないことを紹介しました。盗賊はジュエルを譲る状況について判断しないといけないので難しいですが、とても面白い職業なので、ここに書いてあることを参考にしつつやっていただけたらと思っています。

次回は戦士についての記事を書く予定です。武闘家については、「なぎはらい」を当てるのがとても下手くそなので、まずはそのコツをつかんでからでないと書けないです。



良い記事だと感じたら、クリックよろしくお願いします。