お久しぶりです。今回は固定PTで役立つ初動の立ち回りを紹介します。今回紹介する立ち回りは、最近よく参加させていただいている固定PTにおいて、実際に行われているものです。

この戦い方は、初めのレベル上げや、中央拠点の確保が成功しやすく、自チームを序盤有利にするのに役に立ちます。固定PTを組んで試合に参加する人には役立つ情報だと思うので、ぜひ参考にしてください。また、最後に動画もお見せします。

注意点として、今回紹介する戦い方は、5人それぞれに役割が決まっているので、野良で実践するのは難しいです。あくまで固定PT用の立ち回りとなります。

立ち回りの解説


図1. 各職が目指すルート

まずはPT構成ですが、「戦士2人、武闘家2人、魔法使い1人」になります。各職が目指すルートを図1に示します。以下、詳細を記します。戦士の場合は中央拠点を目指す人と、右拠点を目指す人でそれぞれルートが異なります。

  • (a) 戦士(中央拠点)
    • 中央拠点を目指す戦士は、試合開始時にまっすぐに中央拠点へ向かいます。この時、落ちているジュエルは後から来る魔法使いのためにできるだけ残すことを意識しましょう。
    • 中央拠点に到着したら、味方が援護に来るまで耐えます。宝玉の守りをうまく使って時間を稼ぎましょう。
  • (b) 戦士(右拠点)
    • 右拠点を目指す戦士は、試合開始時にまっすぐに右拠点へ向かいます。落ちているジュエルは後から来る武闘家のためにできるだけ残すことを意識しましょう。
    • 右拠点に到着したら、拠点の占領を進めることになりますが、味方武闘家の獲得経験値を増やすために、一人で占領を完了しないようにゲージ調整を行う必要があります占領ゲージが半分ほどまで来たら、一度拠点を出て武闘家の到着を待ち、武闘家と一緒に拠点占領を行うようにしましょう。
    • 右拠点の占領が終わったら、武闘家とともに中央拠点占領の援護に向かいましょう。
  • (c) 武闘家
    • 武闘家二人は、試合開始時に本拠点を占領します。
    • 本拠点を占領したら、ジュエルを武闘家二人で分け合いつつ、右拠点を目指します。ジュエルが中央方面にある場合は、中央経由で行っても良いです。
    • 右拠点についた際、敵がいるときは戦士と協力して敵を追い払います。敵がいない場合は、戦士やもう一人の武闘家と同じタイミングで右拠点に入って、一緒に拠点占領を行います。
    • 右拠点の占領が終わったら、中央拠点占領の援護に向かいましょう。
  • (d) 魔法使い
    • 魔法使いは初めに左方向へ行き、そこに落ちているジュエルを全て拾うようにします。魔法使いはレベル1のままだと弱いので、レベルアップを急ぎましょう。
    • 拾った後の行動ですが、状況に応じて臨機応変に変える必要があります。左拠点に敵がいないならそのまま拠点占領するのも良いですし、中央拠点に敵がいないならそのまま戦士と拠点占領をしても良いです。いずれでも無ければ、本拠点でジュエル納品を行ってレベル2になってから中央拠点占領の援護に向かいましょう。

動画による実践例

各職の初動の立ち回りを動画にしました。上の解説を読んだうえでご覧いただけると幸いです。ミニマップを見ると他の職業の人が何をしているのかも分かるかと思います。中央拠点の戦士の動画は手元になかったので入ってないです。


各場面のリンク:

終わりに

今回は固定PTの初動の立ち回りについて書きました。基本的に戦士は拠点占領に先行して向かい、武闘家や魔法使いがジュエルを拾いつつ後から続くという流れになります。この戦い方で特徴的なところは、戦士と武闘家で右拠点占領のタイミングを合わせるところです。このあたりは、あらかじめ作戦を立てられる固定ならではというところですね。

次回ですが、予告しつつ全然手を付けていないジュエル関係の続きについて書きます。なるべく早く書こうと思うのですが、なかなか筆が進まないのです。。。気長にお待ちいただけるとありがたいです。



良い記事だと感じたら、クリックよろしくお願いします。